集団授業だとどうしても全体の進行速度を重視しがちです。それはしかたないことだと自分は思います。カリキュラムがあり

そのカリキュラムを予定通り進めないといけない。塾にしても学校にしてもです。一定の範囲を決まった時期にやらなくてはいけないというがあります。それについていけると人はいいと思います。ただついていけないひとが沢山いると思います。そういった人には個別指導や家庭教師があると思います。分からない場合塾や学校なら無理矢理進みます。しかし家庭教師だとそこで止まり分からない箇所をじっくり勉強することができます。ここが最大の違いだと思います。分かるまで無理やり先に進まないというのは大きいと思います。または学校の授業は分かるが自分のペースでじっくりやりという人にも家庭教師は合うと思います